本文へジャンプ

               
少林寺拳法とは何か

            
           

総合ガイド top 
 北陸武専 top  
 禅林学園とは?
 お知らせ
 開講予定
 研究科専用
 写真集     
  地区役員・講師
 あゆみ
 Q&A
  リンク
  mail
 









 

  少林寺拳法は“人づくりの行”

   少林寺拳法は1947年、日本において宗道臣が創始
   した“人づくりの行”です。
   自分の身体と心を養いながら、他人とともに援け合い、 
   幸せに生きることを説く「教え」と、自身の成長を実感し、 
   パートナーとともに上達を楽しむ「技法」、そして、その
   教えと技法を遊離させず、相乗的なスパイラルとして
   機能させる「教育システム」が一体となっています。
 
   人間は生まれながらに、どのようにも成長してゆける
   可能性を秘めています。
   少林寺拳法は、その可能性を信じて自分を高め続け
   られる人、周囲の人々と協力して物心両面にわたって
   豊かな社会を築くために行動できる人を育てています。

ようこそ      













 1911(明治44)年2月、岡山県作東町(現美作市)生まれ。
  17歳の時、中国に渡り、大陸を駈けめぐる。
 その間、縁あって嵩山少林寺の流れを汲む文太宗老師の知遇を得てその門に
 入り、各種の拳技を修得する。
 ソ連軍政下の中国東北(満州)の地で敗戦を迎える。
 敗戦直後の極限状況下で、人間の赤裸々な行動を目の当たりにし、法律も軍事
 も政治の在り方も、リーダーとなる「人の質」にあることを確信する。
 そして、真の平和を達成するためには、慈悲心と勇気と正義感の強い人間を育て
 る以外にないと決心する。
 1947(昭和22)年10月香川県多度津町において、力愛不二の“教え”と自己確立
 ・自他共楽を旨とする“技法”を中心とした、社会に役立つ人づくりの教育システム  
 を考案して、拳禅一如の「少林寺拳法」を創始、少林寺拳法師家となる。               創始者 宗道臣
 1980(昭和55)年5月、逝去。
 
 
   創始者 宗道臣について 
 
 「本当の強さ」を育てる少林寺拳法の修行

いくら困っている人を助けたいと思っても、自分が弱ければその人を
助けることはできません。強くなるためには体を鍛えると共に、どんな
困難にもひるまずくじけない、不撓不屈の精神を養う必要があります。
「本当の強さ」とは、よりどころとなる自分をつくることです。
少林寺拳法は修行によって、この「本当の強さ」を目指します。

 拳の技術はあくまでも手段

少林寺拳法の修行は身心ともに健全でたくましい人間になることを目指します。それを忘れ、ひたすら技のうまさや腕力の強さを競ったり、相手を倒すことだけに熱中したりすることがあってはなりません。相手を倒すことだけが目的なら、無手の格闘技など必要ありません。武器など道具を使うほうが手っ取り早いのです。少林寺拳法の技術を修得することにより、素手であっても自分の身を護れるという自信を持つことです。

 負けたと思わない限り負けではない

たとえ相手の力に一時的に負けたとしても、生きている限り、それは負けたと思わなければ、本当の「負け」ではないのです。生きていく中では失敗することもあります。しかし、人の価値は失敗したかどうかではなく、その失敗から起きあがれるかどうかによって決まります。自分はダメな人間だと思った時、本当に負けてしまうのです。自分の人生を力強く生き抜きために、うぬぼれではない「自信」をつけることが大切なのです。

 いつでも自分をよりどころにできる・・・「己れこそ己れのよるべ」

誰もが、自分のかけがえのない人生を大切にしたいと考えています。自分を大切にするということは、自分の責任で、いやなことはいや、悪いことは悪い、とはっきり言える勇気とそれを正す力を持つことであり、主体性を持ち、自分の可能性を信じることなのです。そのためにはうぬぼれでない自信を持つことです。お金では買えない、いかなる権力をもってしても奪うことができない自信と勇気を持ち、よりどころとできる自己を確立することこそ本当の強さなのです。そして、自分だけではなく、周りの人々の幸せを考えて行動するのです。